別館ほっこりおうちごはん

糖質制限寄り食生活やレシピの開発をしてます。ゆる断糖生活の、のんびり外食日記や日々の事。



Hatena Instagram Youtube



スポンサードリンク



似顔絵付きサインと泣いて笑える読み聞かせ〜こどもも楽しむ絵本作家のぶみさん講演会〜






スポンサードリンク



のぶみさんにお会いしてきました!

 

絵本作家のぶみさんの講演会「日本中のこどもとママに〜絵本を描き続けてわかったこと〜」に参加してきました。

 

f:id:misumisu0722:20171130054837j:plain

 

「会議を見せるテレビ」が好きなわたし。

youtu.be

 

 

 

絵本作家のぶみさんとは

 

日々を慌ただしく過ごすママと小さなお子さんのお話が多く、子育てママの共感を呼ぶ絵本が多い絵本作家さんです。

 

(今回のイベントチラシの紹介文↓)

f:id:misumisu0722:20171130055208j:plain

 

人気の「ママがおばけになっちゃった」は60万部突破!

 

2017年8月に出版された「このママにきーめた」はこどもたち100人に聞いた体内記憶を元に描かれた興味深い絵本。

 

うちの子も大好きです。

 

 

今回は私立幼稚園PTAの無料イベント

 

今年幼稚園父母会の幹事長をしているわたし。

www.misumisu0722blog.com

 

父母会システムへの愚痴の多いブログと鬱憤を晴らすツイートばかり流してますがこんな素敵なイベントを催してくださるところだったとは。

 これまでの行いを反省しました…。

 

 

サインは似顔絵付き!

 

以前twitterで「早く来た人にはサインできました」みたいな内容を拝見した(記憶)があったので30分早く来場。

誰も並んでない状態でゆったりとサインを頂きお話させて頂きました。

 

 

サインにはこどもでもママでも似顔絵を描いてくれます。

本人がいなくても写真を見せると名前付きで描いてくたさいますよ。

 

f:id:misumisu0722:20171130054843j:plain



「幹事長やってます」などとわたしがいったら「ママエライ!」と描いてくださいました!

 

f:id:misumisu0722:20171130054828j:plain


 

幼稚園宛など特定の誰かではない場合は似顔絵ではなくその絵本のキャラクターを。

 

 

嬉しかったのはPTAのエライおじさまとか園長をやられてるというおじさまとかが数冊絵本を購入され全てにサインをもらい、ツーショット写真を嬉しそうに撮ってらしたところ。

 

こういう人がいらっしゃるのなら私立幼稚園PTAも悪いところじゃないだろうしこんな園長先生の幼稚園は素敵な幼稚園だろうなと思います。

 

 

講演の内容は動画をどうぞ

 

講演会の模様は途中まで(1時間ほど)動画で載せていますのでお時間あります方はどうぞ。

途中から配信NG話になったので途中まで掲載しています。

www.facebook.com

 

 

なんと200冊も絵本を出版されてるのぶみさん。

 

f:id:misumisu0722:20171130054831j:plain

 

講演の最初にNHKみーつけたでの「おててえほん」のイラストをさらさらと描いてくださいました。

 

f:id:misumisu0722:20171130075636p:plain

 



読み聞かせは泣いたり笑ったり感情豊か

 

のぶみさんの読み聞かせの特徴は感情豊かなところ。

 

手を叩いたりジャンプしたり会場みんなと一体になって楽しむ「よわむしモンスターズ」

f:id:misumisu0722:20171130080304p:plain

 

うちの子が大笑いして何度も動画をリピートしてる「うんこちゃん」

 

f:id:misumisu0722:20171130075639p:plain

 

 

絵本で伝えたいのは「お母さん達の気持ちの代弁」

 

絵本に描かれている事はのぶみさん自身が伝えたい事ではなく「お母さん達が伝えたいこと」だそう。

だから「わかるわかる」という内容ばかりで、そして泣ける温かいお話が多いのでしょうね。

 

 

発売前の作品ですが「はたらきママとほいくえんちゃん」は働くママに多い「罪悪感」を元に描かれています。

 

f:id:misumisu0722:20171130075643p:plain

 

 

おこらせるくん

 

男の子ママが共感!「おこらせるくん」は全て実話で描かれているそう。

 

f:id:misumisu0722:20171130075652p:plain

のぶみさん曰く、「男はバカなんだ」と。

なので男の子ママにありがちな「うちの子なんでこんな事ばっかするんだろう?わたしの子どもの頃はこんなことしなかったわ」は性別が違うので仕方ない事なんだそうです。

 

 

このママにきーめた

 

今年の8月に出された「このママにきーめた」はこども達に聞いた体内記憶が元になっています。

 

f:id:misumisu0722:20171130075648p:plain

 

 

絵本の中で出てくる「産んでくれてありがとう」はママが言われてとても嬉しい言葉。

 

やはり人気の絵本で会場では完売していました。

 

 

講演会での読み聞かせ作品

  • よわむしモンスターズ
  • うんこちゃん
  • はたらきままとほいくえんちゃん(発売前)
  • このママにきーめた
  • おこらせるくん
  • ママがおばけになっちゃった
  • さよならママがおばけになっちゃった
  • ママがおばけになっちゃった ぼくママと結婚する

と豪華8作品を披露してくださいました。

 

動画には「おこらせるくん」まで掲載しています。

 

この先で配信NG話になった為動画は途中で切れていますが、最後に読んでくださった「ママがおばけになっちゃった」は外であまり泣かないわたしも(絵本も持っていますが)泣きました。

 

 

「ママがおばけになっちゃった」未読の方はこちらを

 

公式チャンネルに読み聞かせがアップされています。 

youtu.be

 

 

「こどもはお母さんを喜ばせるために生まれてくる」

 

 

理由も伝えずダメダメ言うママのこどもはイヤイヤ期のイヤイヤが激しいそうです。

子どものする事は全てママを喜ばせるために行なっている事。

 

先ほどの「このママにきーめた」で体内記憶のあるこどもたち100人に

「どうして生まれてきたの?」

という質問を行なったところ、全員が

「ママを喜ばせるためだ」

と答えだったそうです。

 

お母さんはこのどもを「いい子に育てよう」とばかり思ってしまいますが、もっと子どもがしてくれたことに喜ぶ事が大切。

 

ママを喜ばせた子は今度は他の誰かを喜ばせるようになっていきます。

「このママにきーめた」のあとがきにはそんな素敵な事がのぶみさんの手書き文字で描かれています。

 

 

講演終了後はサイン会

 

開場前には「サインはまあいいや」なんて仰ってたママさん達が競って並びました。

 

f:id:misumisu0722:20171130054834j:plain

 

お話聞くとやはり変わるのでしょうね。

 

そんなわたしも新たに本を購入し、再度並びます。

 

90分ほど並んだところで自分の番に!

にしてものぶみさん素晴らしいですね。

1人1人に写真を見せてもらい似顔絵を描いてサインを入れ、一緒に写真を撮ってらっしゃいました。

 

f:id:misumisu0722:20171130054840j:plain

 

本が売れてる方々はみなさん努力が凄い!

 

 

似顔絵付きサインは郵送でも

 

写真と本、自分の宛名を書いた返信用封筒を送ると郵送でもサインを受け付けてらっしゃるそうです。

 

 

 

 

素敵な会を催してくださった愛知県私立PTA連合会様に感謝です!

 

 

 

楽天ROOMで使用食材やお気に入り品を公開してます↓

room.rakuten.co.jp

 

Hatena Instagram Youtube