別館ほっこりおうちごはん

糖質制限寄り食生活やレシピの開発をしてます。ゆる断糖生活の、のんびり外食日記や日々の事。



Hatena Instagram Youtube



スポンサードリンク



インスタグラマー必見!お料理へのありがとうをレターポットで






スポンサードリンク



キングコング西野さんが作られた新しいサービス「レターポット」

 

f:id:misumisu0722:20180102092938j:plain

わたしのレターポットはこちら↓

letterpot.otogimachi.jp

 

 

西野さんのブログによると、サービス開始から今日で5日目

利用者は既に12000人!!

lineblog.me

 

 

 

レターポットは無駄な贈り物をなくすサービス

便箋を購入し、1レター(1文字)5円で文字を贈り合います。

頂いたレターを他の方に使う事ができます。

 

出産祝いやお誕生日、バレンタイン、卒業祝いや入学祝い、遠く離れた両親へのお手紙に、などなど

物をもらっても「これいらないんだけど…」となりがちな場面で

だけど商品券や現金じゃつまらないよな…という時に

大変重宝します。

 

 

バレンタインにレターポットをぜひ!

 

バレンタインの義理チョコが全てレターになったら素敵だなと思います。

 

みんなでお金を出し合って会社で上司に配るチョコレート、参加は義務だし上司もお返しにお洒落なケーキを買ってこないといけなかったり

(買ってきても質が悪いと女子は陰口言いまくりますし)

めんどくさい行事ですよね。

 

f:id:misumisu0722:20180102094745j:plain

www.misublog.com

(と言いつつどさくさに紛れてガトーショコラレシピをご紹介…。

1個や2個なら作る作業自体をやりたくてそれが楽しかったりもするんですよね…)

 

 

小学生の母親は友チョコ作成の手伝いにこの時期大忙し。

(これはもしかすると本人は作りたいかもしれないのでそれならそれでいいのですが)

 

友チョコ義理チョコがレターになったらいらないお菓子で冷蔵庫が溢れる事もなくスッキリ。

 

 

インスタグラマーはレターポットを!

 

このサービスが始まってからずっと思っていたのが「インスタグラムでレターポットユーザーを増やしたい」という事。

 

インスタグラムのキャプションでよくこういうのありますよね

「○○さんのレシピで作りました!」

「○○さんが作ってたのを見てわたしも作りました」

などなど。。

 

クックパッドのつくれぽな感覚

昨年「豚肉の昆布巻き」でヒルナンデスに出させて頂いたお陰でこの年末は有難い事に「昆布巻き作りました」のお声を多く頂きました。

www.misublog.com

 

写真にタグ付けしないとキャプションだけでは大量の通知欄に埋もれて相手は気付かないかもしれないし

かと言って写真にタグ付けは躊躇ってしまう。

 

だけど本人に確実に「ありがとう」を伝えたい。

もしくは「作りましたよ、わたしの写真どうですか?」と見てもらいたい。

 

そんな時にレターなら気兼ねなく贈れます。

 

 

レシピの質問もレターポットだと嬉しい

 

「作りましたよ」の報告以外でよくあるのがコメント欄での質問。

 

「○○は嫌いなんですが他の食材で代用できますか?」

「これは何日日持ちしますか?」

「他の作り方で作れますか?」

「これって冷凍できますか?」

 

などなど。

 

ちょっと皮肉った言い方をすると

自身でググればすぐに出そうな事をわざわざコメント欄に書き、返事が来るまでのんびりと待てるくらい心に余裕のある方々なのでしょうが

こういった質問コメントが入ってもまあさほど嬉しいと思う人もいないんですよね。

 

だけどレターポットなら嬉しい。

調べれば分かることには返事なんてしないかもしれませんが、でも質問頂けるのはとても嬉しい。

 

 

というわけでインスタグラマーさんたちにレターポットを是非お勧めしたいです。

そして質問や感謝の気持ちはレターポットへ。

 

 

レターポットの始め方

 

レターポットの始め方は簡単。

letterpot.otogimachi.jp

↑こちらから入ってFBアカウントでログインするだけ。

 

インスタグラマーさんはビジネスアカウントにするためにFBページを(使ってないとしても)所有してる方が多いですよね。

その眠っているFBアカウントが使えます。

 

 

そして「レターを買う」から購入します。

 

f:id:misumisu0722:20180102102118j:plain

 

購入にはビザかマスターカードが必要になります。

 

あとは「レターを贈る」からどなたかに送れば完了!

 

 

 

レターをもらうと想像以上嬉しい

 

わたしに初めてレターをくださったのは西智弘さん。

TLに流れて来たこんな素敵な企画に飛びついてお願いさせて頂きました。

 

 

その後同じような企画をされていた杉浦良介さんにもお願いし

 

そんなやりとりをご覧くださったのか菅井大地さんからもレターを頂きました。

 

 

*これらは既に予定人数に達して締め切ってらっしゃる可能性もあります。

 

 

年明け早々に温かいメッセージが頂け予想以上に心がほんわかしました。

これからわたしも色々な方にレターを贈っていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

Hatena Instagram Youtube