別館ほっこりおうちごはん

糖質制限寄り食生活やレシピの開発をしてます。ゆる断糖生活の、のんびり外食日記や日々の事。



Hatena Instagram Youtube



スポンサードリンク



「カレーな薬膳」で勧める南インド料理とは?「無添加カレーのエリックサウス」でランチ






スポンサードリンク



南インドカレーがブーム


世の中気付かぬうちに知らないものが流行っていることが多くありますが今日は「今東京で人気」らしい「南インドカレー」って一体何??

そして名古屋駅で南インドカレーが食べられるお店をご紹介します。

 

f:id:misumisu0722:20180109203501j:plain

 

お店は雨でも安心な「名古屋駅直結」

KITTE名古屋のB1にあるエリックサウス名古屋店さんです。

tabelog.com

 

 

【目次】

 

 

f:id:misumisu0722:20180109203353j:plain

 

エリックサウスさんは名古屋以外に東京に2店舗(2018年1月現在)系列店があります。

 

 

無添加で本物の味わい

まずはエリックサウスさんをざっとご紹介。

お店のホームページによりますと化学調味料や着色料は使わず作られる優しい南インド料理のお店です。

 

エリックサウスでは無限とも言える現地のレシピの中から日本の風土や味覚にフィットするおいしさを厳選。
もちろん保存料や着色料、化学調味料は使用せず、伝統的な製法で本物の味だけをお届けします。

 

(引用:エリックサウス - 株式会社円相フードサービス )

 

f:id:misumisu0722:20180109203454j:plain

 

 

そもそも南インドカレーとは?

 

「南インドカレー」という言葉に馴染みのある人は少ないのではないでしょうか。

わたしもこのジャンルのお料理を知ったのはごく最近。

 

f:id:misumisu0722:20180109211249j:plain

 

たまたま購入した渡辺玲さんの著書「カレーな薬膳」を読んだからなんです。 

カレーな薬膳

カレーな薬膳

 

 

こちらレシピも沢山載ってますが、写真は一切ありません。

日本の料理なら文字だけでもなんとなくイメージが沸くのですが見知らぬ南インド料理なのでどんなものが出来上がるのかすらイマイチわかりにくい。

レシピ本というより読み物として楽しんでいます。

 

 

渡辺さんが推しているのが南インドの薬膳カレー

 

そんな「カレーな薬膳」の著者渡辺玲さんが推奨してらっしゃるのが南インドカレーなんです。

 

f:id:misumisu0722:20180109210951j:plain

 

以下渡辺玲さんの「カレーな薬膳」(晶文社)からまとめますと

 

日本国内に多い「インド料理屋さん」というのは殆どが「北インドカレー」なのだそう。

ナンやタンドリーチキン、キーマカレーなど、ポピュラーなそれらのメニューは北インド料理のもの。

 

f:id:misumisu0722:20180109212348j:plain

 

インドは北と南で全く違う人種が住んでいるので当然お料理にも違いがあるわけですが、外見の雰囲気も異なっており北インドは彫りの深いヨーロッパ系の顔立ち

南インドは日本人にどことなく雰囲気が似ているそう。

 

 

日本人に南インドカレーを勧める理由

 

渡辺さんが「南インドカレーは日本人の嗜好に合う」と仰る理由を先ほどと同様に著書「カレーな薬膳」からまとめますと

 

南インドの人たちはお米好き

お米が好きな南インド人のお料理は「ご飯に合うものが多いのです。

ふりかけや漬物などもあり日本人に馴染みのある食べ方ができます。

 

(エリックサウスの各テーブルにもふりかけ、漬物がありました)

f:id:misumisu0722:20180109203406j:plain

この漬物が美味しくて!!

うちの子はきな粉のような香りのするふりかけが大変気に入ったようでした。

 

 

カレーの種類の多彩さ

 

シャバシャバしたもの、とろりとしたもの、サラサラのもの、全く汁気のないもの…とカレーの濃度だけで見ても多種多様。

長時間加熱しないレシピが多いので色も北インドのように「ほぼ茶色」のカレー^_^かりにならず白や黒、赤、黄、緑…とさまざまなんです。

 

(エリックサウスさんのランチメニューのチョイスカレーだけを見てもいろんな色があるのがわかります)

f:id:misumisu0722:20180109203411j:plain

 

 

短時間で作れる手軽さ

 

「玉ねぎをたっぷりみじん切りして飴色になるまで小一時間じっくり炒めて…」という「カレーを作るなら必ずしなければならないと思っていた行程が

南インドカレーを作る際にはほぼ不要。

 

f:id:misumisu0722:20180109213501j:plain

 

カレーに玉ねぎはマストだと思っていたわたしはこれにはとても驚きました!!

南インドのカレーは15分〜20分で作れるメニューも多くあるそうです。

 

スパイシーでホット、ライトでヘルシーな味付け

北インドのカレーに比べて辛さはやや強めではありますが、味付けはさっぱり。

「辛味、甘味、酸味」のバランスがよくとれてあるものが多いとの事。

北インドのカレーに多い脂っこさもなく食べた後どーんとのしかかる重さもない。

 

(そもそも「どーんとした食後感」になりやすいナンが南インドカレーにはありません)

f:id:misumisu0722:20180109213511j:plain

 

 

体の中から綺麗に!

 

以上の点から南インドの料理は日本人によく合い、そんな南インドカレーの薬膳レシピはスパイスで身体の中から綺麗になるそうです。

宿便が出ておなかスッキリ。

 

f:id:misumisu0722:20180109212336j:plain

 

また緑黄色野菜のメニューが豊富なので色々なお野菜が食べられる。

 

そういったいくつかのポイントが渡辺さんが南インドの薬膳カレーを勧める理由なようです。

 

以上、お店の紹介からかなり脱線しましたが気になる方は是非渡辺玲さんの「カレーな薬膳」をお読みください。

カレーな薬膳

カレーな薬膳

 

 

 

エリックサウスのランチの紹介

 

渡辺さんの本の内容を見ると「とりあえず南インドカレーを食べてみなくては!」という気分になったわたしは早速検索。

 

名古屋市内に「南インドカレー」のお店は2店舗ありました。

もう1軒は地下鉄本郷駅から更にバスなので今回は断念。

(ですが駅ビルの中の店よりも個人店のが好きなのでそちらの店のがかなり気になりました)

 

f:id:misumisu0722:20180109203357j:plain

ランチのカレーの種類もかなり豊富。

 

 

「ミールス」は全体混ぜて頂く

 

今回は初めてなのでお店の一押しなのであろう「ミールス」をチョイス。

カレーやサンバル、ヨーグルト、パパドやバスマティライス、ターメリックライス、と色々ワンプレートに乗ったセットです。

 

f:id:misumisu0722:20180109203401j:plain

 

各テーブルにミールスの食べ方も置かれています。

どうやら全体混ぜ混ぜして頂くものなよう。

 

f:id:misumisu0722:20180109203417j:plain

 

 

エリックミールスランチ 1450円(ラムカレー+80円)

 

こちらのランチセットにしました。

地下のお店なので仕方ない事ですが店内の照明だけでは写真映りがかなり悪いです…(悲しい…)

下から左回りに

  • 青唐辛子のラムカレー(+80円)
  • エリックチキンカレー
  • タロダル(里芋と九条ネギのとろとろ豆煮込み)
  • サンバル(豆と野菜の煮込み)
  • ラッサム(ピリ辛ほんのり酸味のスープ)
  • ヨーグルト(カスピ海ヨーグルトに似た味でした)
  • チキンティッカ(本来はワダとウプマですがチキンティッカに無料変更)
  • ターメリックライス(レーズンとカシューナッツがトッピングされてました)
  • パパド(中央のおせんべいのようなもの)
  • バスマティライス(パパドの下)

 

f:id:misumisu0722:20180109203432j:plain

 

パパドをどけたところ。

バスマティライスに先ほどご紹介した漬物がとてもよく合いました!

(乗っているのが漬物です)

f:id:misumisu0722:20180109203437j:plain

 

チキンティッカはそこそこな味。

ですがワダとウプマ、そしてそれらにかけるココナッツチャトニーも気になるので次回はこちらを頂きたいと思います。

 

f:id:misumisu0722:20180109203442j:plain

 

 

カレーの単品オーダーも可能

ランチでチョイスできるこれらのカレーは、単品での「カレーランチ」としてもオーダーできます。

 

f:id:misumisu0722:20180109203411j:plain

 

こちらは「一番甘い」というお話だった「ハニーバターチキンカレー」

サラダとパパド、ターメリックライスが付きます。

 

f:id:misumisu0722:20180109203425j:plain

(蜂蜜のこってりした甘さの後に激しい辛さがあり子どもには無理でした)

 

 

実際食べた感想

 

確かに普段インド料理屋さんで食べてるものとは違い、タイ料理に似た鋭利な辛さ。

 

f:id:misumisu0722:20180109210947j:plain

 

食事中や食後は(本から受けた期待度が高すぎたせいもあり)まあこんなもんかな…と。

正直わざわざ食べ続けたいカレーではなく、再訪しないだろうと思っていました。

 

そもそもママさん達にとって外食のお店を決める一番のポイントは

「こどもが喜ぶかどうか」

だと思うのですが

こちらのお店は肝心の「子どもが食べられるもの」がありません。

(現地の子どもたちは辛いもの平気なのかもしれませんね…)

 

特に辛くもないパパドも嫌がり甘口のはずのカレーは辛くて食べられず

ターメリックライスにひたすらふりかけ(テーブルに置いてあったきな粉様な香りのするもの)をかけて食べていました。

 

そして(食べられないのに)駅ビルなのでお値段高め。

よっぽど昼時に無計画に近くを通りさえしなければ次に伺う機会なんて訪れないだろうと思っていました。

 

ですが

ですがですよ

夜になってみるとお昼に食べたミールスがどうも身体をスッキリしてくれてるような…

あれ?なんだか調子いいかもしれない…ような。

 

そしてまた行きたくなっている自分がいるから不思議です。

 

お子さん連れには向きません。

ですがこっそりと一人ランチで再訪してしまおうかなと密かに企んでいます。

 

 

 

地下のお店で店内の照明が多すぎ写真が美味しそうに撮れない点も寂しいところなのですが、オレンジジュース、良い色をしてました。

 

殆どのランチセットにドリンクは付かず、ついてもチャイやラッシーしか選べなくてこども用にジュースが欲しければ単品で頼まないといけません。

(ラッシーは通常お砂糖や果糖が入っているので避けてます)

f:id:misumisu0722:20180109221557j:plain

 

 

ランチタイムは15時まで。中休みなく11:00〜23:00まで開いています。

夜にはラムステーキなどもあるようですよ。

 

f:id:misumisu0722:20180109203447j:plain

 

tabelog.com

 

*平日のランチタイムはかなり空いてました。

 

 

 

楽天ROOMでお気に入り品をご紹介しています

room.rakuten.co.jp

 

Hatena Instagram Youtube