別館ほっこりおうちごはん

糖質制限寄り食生活やレシピの開発をしてます。ゆる断糖生活の、のんびり外食日記や日々の事。

Hatena Instagram Youtube


☆★☆レターポットは【 こちら】お手紙頂けると嬉しいです★☆☆

スポンサードリンク



炭酸飲料が作れる「ドリンクメイト」の使い方と「ソーダストリームとの違い」




スポンサードリンク



松坂屋名古屋店さんで炭酸飲料メーカーの『ドリンクメイト』を試し、ソーダストリームとの違いについて伺ってきました。

 

f:id:misumisu0722:20180228164008j:plain

 公式ページ↓はこちら

drinkmate.jp

 

【目次】

 

 

 

 

こちらもどうぞ

 ソーダストリーム の使い方をより詳しく解説!

ドリンクメイトとソーダストリーム の違い

www.misumisu0722blog.com

 ついにソーダストリーム を購入!

購入までにしっかりと吟味した、ソーダストリームの機種による違い

www.misumisu0722blog.com

 

 

 

夏場に美味しい炭酸水

 

炭酸水はそのまま飲んでも勿論美味しいのですが、

コーヒーに混ぜたり

www.misublog.com

ヨーグルトに混ぜたり

www.misublog.com

 

我が家では夏場は炭酸水を頻繁に購入しています。

 

f:id:misumisu0722:20180228171222j:plain

 

ですが重いペットボトルで何本も買い置きするのも面倒ですし、ペットボトルを破棄するのも手間がかかります。

 

 

また1.5リットルが飲み切れず気が抜けてしまう事もあるのではないでしょうか。

 

 

炭酸用ボトルキャップで締め、日々沢山飲まれる場合ですとさほど気にならないかもしれませんが(うちはそう)

それでも「出来立ての」炭酸水を「自分の好みの炭酸量で」「欲しい時に作れる」

というのはやっぱり魅力!

 

 

 

 ドリンクメイトとは?

2016年に発売されたドリンクメイトはシナジートレーディング社の炭酸飲料メーカーです。

株式会社シナジートレーディング

 

f:id:misumisu0722:20180228163952j:plain

 

 
オススメポイント

 

炭酸水を買うより圧倒的に安い!

そしてコンパクトサイズで電源不要

いつでもどこでも、お水やジュース、ワイン、ビールなどどんな液体にも炭酸を入れる事ができます。

ボトルの着脱ワンタッチ。

ガス交換も簡単です。

 

電気を使わないのでアウトドアでの利用も可能。

 

本体、ガスシリンダー、ボトルがセットされていますが、お水用とジュース用など別々にボトルを使い分けたい方には別売りでボトルもS、L2種類出ています。 

 

また、インフューザーが取り外しできるところも特徴の一つ。

取り外しできるので洗う事もできますしこちらも水用ジュース用と分けて使用する事も可能。 

こちらも別売りもされています。

 

 

ドリンクメイトの魅力を売り場担当者さんに伺ってきました

 

今日はそんなドリンクメイトの使い方オススメのポイント

それから同じように炭酸水を作る機械「ソーダストリーム」との違いについて松坂屋名古屋店の売り場スタッフさんに伺ってきました!

 

 

 

使い方説明のライブ配信動画

 

松坂屋名古屋店にある「クックアシストルーム」 は要予約で誰でも日替わりで人気のキッチングッズが試せるスペース。

www.misumisu0722blog.com

 

本日2/28(水)は「ドリンクメイト」の日でした。

 

 

担当者さんにお話しを伺った30分ちょっとをまるっと動画配信していますのでお時間あります方はこちらをどうぞ。

www.facebook.com

 

 

ここからはライブ動画の中から抜粋し順にご説明していきます。

 

 

 

 

ドリンクメイトの使い方

 

 ガスシリンダーをセット

 

まずはガスシリンダーをセットします。

後ろからくるくると回して差し込んでセット。

簡単に装着できます。

 

 

このガスシリンダーは、頻繁に炭酸水を作られる場合は付けっ放しでOKです。

ただ例えば車で持ち運びする時など移動時は外しておいた方が無難。

 

 

1本でどれくらいもつ?

 

ガスシリンダー1本で約60回分(炭酸水1回1リットル作成したとして)

 

f:id:misumisu0722:20180302050406j:plain

 

使い切ったものを売り場に持っていくと交換値段(2000円ほど)で購入できますし、別売りもあるので予備用にもう1本、2本と購入しておく事も可能 

 

*注意

ジュースなど水以外に使用した場合、ガスが多めに必要(30回ほどで1本なくなる)

 

 

ボトルをセットし炭酸を入れます

 

冷たい液体の方が炭酸か入りやすいので、冷やしておいた水を使います。

 

ボトルのセットも簡単で、水を入れたボトルにインフューザーをセット(くるくる回す手間なくすぐにカチッと装着できます)

 

インフューザーとはこの黄色の丸の部分のこと↓

 

f:id:misumisu0722:20180228173151j:plain

 

本体にカチッとセットして、上のボタンを数回押すだけで炭酸が入ります。

 

 

好みのところでストップ

 炭酸の量はお好みで調節できます。

マックス入ると(ボタンを4回ほど押す)シューシュー音がしてきますのでこの音を目安にしてストップ。

微炭酸でよければもっと手前で止めます。

 

 

全体にガスを馴染ませます

横にして左右に少し揺らし、全体にガスを馴染ませます。

その後ガスを抜いてから蓋を開けます。

 

 

ガス抜きはこの↓丸部分から。

f:id:misumisu0722:20180228174220j:plain

 

しっかりガス抜きしてから開けないと噴きこぼれてくるので注意!

 

 

出来上がり

 

しゅわしゅわ炭酸水の完成です

 

 

すぐに飲まない場合はボトルのまま蓋をして冷蔵保存も可能。

作り置きできるのも嬉しいですね。

また、気が抜けてきたら追加で炭酸を加える事も可能なんです。

 

*保存した場合、炭酸は1日くらいはもちます。

 

 

ジュースやワインにも試せる

 

ドリンクメイトの特徴として「お水以外にも使える」という点があります。

100%の果物ジュースやワイン、気の抜けたビールなどに炭酸を追加する事が可能。

市販の炭酸飲料の気が抜けた時に足す事だってできてしまいます!

 

 

水以外で作る時の注意点

  1. 「つぶつぶジュース」など、果肉入りドリンクには使えません
  2. 酸化防止剤入りのワインの場合、吹きこぼれやすいので少なめで作ります
  3. お水は一度に850ccまで作れましたが、水以外の場合は350ccまでになります

 

f:id:misumisu0722:20180228163959j:plain

 

また、使用するガスの量も水で作る場合に比べて多くなるのでガスシリンダーの減りも早くなります。

 

作り方は水の場合と同じ

本日はオレンジジュースで試しました。

用意したジュースは270cc。

 

 

水の時はガスのボタンを4回ほど押しただけでしたが、ジュースの場合は10〜20回。

多めにガスが必要ですし、ガス抜き時間も長めになります。

 

 

 

 

ソーダストリームについて

 

動画配信の後で、同じように炭酸水を作る炭酸水メーカーの「ソーダストリーム」についても伺ってきました。

 

f:id:misumisu0722:20180228175541j:plain

www.sodastream.jp

 

ネットで検索してみると、どうやらソーダストリームの方が人気な模様。

取り扱い店舗も多いです。

担当者さんに伺ったお話をまとめるとソーダストリームの特徴は以下のようになります。

 

 

ソーダストリームの特徴

 

 1.水にしか使えません

お水にしか使えないので(それ以外のものに加えると溢れかえります)水以外でも炭酸を楽しみたい方には不向き。

「気の抜けたビールや市販の炭酸飲料に炭酸を足したい!」なんて事が出来ないのは少し残念かもしれませんね。

 

2.強い炭酸水が作れる!

とにかくキツイ強炭酸がお好きな方にはソーダストリームがオススメ。

ドリンクメイトでMAX加えた炭酸量より更にしっかり加える事ができます

 

3.インフューザーは洗えません

ドリンクメイトでは取り外し洗浄可能だったインフューザーが、ソーダストリームの場合は本体に固定されてますので取り外すことができません。

 

f:id:misumisu0722:20180228164023j:plain

ですが水にしか使えないわけですから洗いたくなる事もないのかもしれません。

 

 4.全て自動でできる!

これが結構大きいのではないでしょうか。

先ほどドリンクメイトで行った「ガス抜き作業」や「横にしてゆらゆらと炭酸を馴染ませる作業」が不要。

スイッチ一つで炭酸水を作る事が出来るのでとても手軽です。

忙しい人にピッタリ。

 

5.ガスシリンダーはドリンクメイトの方が安い

ほんのちょっとの違いなのですが、予備購入の場合1本あたり約30円ドリンクメイトのガスシリンダーの方がお安くなります。

 

ドリンクメイトのガスシリンダー↓

  

ソーダストリームのガスシリンダー↓

 

ですが「あきボトルを持って行って交換」の場合のお値段は同じになります。

なのでガスのお値段の違いといってもさほど変わりはないかもしれません。

 

 

6.専用シロップがある

ソーダストリーム用に出来上がった炭酸水に加えて楽しむシロップが数種類出ています。

コーラやジンジャーエールなどもありますが、あくまで「風味を楽しむ程度」なので「しっかりコーラになる」わけではないようです。

 

f:id:misumisu0722:20180228164030j:plain

 

この専用シロップは出来上がった炭酸水にのみ加える事ができます。

シロップを加えたあとは気が抜けても炭酸を追加する事はできません。

 

ソーダストリーム プレミアムシロップ コーラ

ソーダストリーム プレミアムシロップ コーラ

 

 

後入れなので、ドリンクメイトの炭酸水にシロップを加える事もきっと可能。

(その点は伺い忘れてしまいました)

 

 

 

本体価格の違い

最後に炭酸水メーカーそれぞれの本体価格の違いを見ていきましょう。

 

まずはドリンクメイト(19440円)

ドリンクメイトの本体は2018年2/28現在1種類。価格は19440円 です。

 

 

続いてソーダストリームですが、こちらはいくつか種類があります。

 

一番お安いのはベーシックタイプ(ジェネシスv2)こちらは9900円。

なんと1万円切るのですね!!

 

古い機種なので在庫限りでなくなります。

松坂屋さん売り場には展示されていませんでした。

 

こちらはボトルの着脱がワンタッチではありません。

くるくると回して付けなければならず若干面倒。

(ですがこのお値段は魅力ですね…)

 

 

店舗に展示されていたのは下記の4種類。

 

 

写真↓左側のジェネシスデラックスがこの中では一番古いタイプになります。

 

f:id:misumisu0722:20180228164014j:plain

 

ジェネシスデラックスv2(12960円)

先ほどのジェネシスの進化系。ボディのツヤツヤが高級感を醸し出す(と公式サイトに記載されていました)

ジェネシスと同様、ボトルをくるくるくると回して取り付けないといけなくて、若干面倒です。

この値段出すならワンタッチ着脱のスピリットの方がいいのではないかな?

 

 

続いてその右隣のスピリット(15120円)

性能としては先ほどのジェネシスデラックスv2(12960円)とほぼ同じなのですが、ボトルがワンタッチで付けられます。

この違いは大きい!(くるくる回すのは本当に面倒です)

シリーズで一番コンパクトサイズなのも嬉しい。

 

 

続いてより高度な機能のついたこちらの2タイプ。

 

f:id:misumisu0722:20180228175541j:plain

 

ソースv3(20520円)

写真↑左側の赤いタイプです。お値段グッと高くなりました!

 

このソースv3はボタンの長押しで炭酸の量がLEDランプで表示されるんです。

 

ここまでご紹介してきた製品だとボタンを押す自分のさじ加減で炭酸量を調節しているわけですが、日によって押す量が変わったりすれば当然出来上がりの炭酸水の強度も変わるわけでして…

 

f:id:misumisu0722:20180302050416j:plain

「毎回同じ炭酸量がいい!!」という方には3段階のランプで炭酸量を表示してくれるこのソースv3がオススメ。

(ちなみにLEDの交換は簡単にはできないのでメーカーに問い合わせになります)

 

 

 

で、そんなソースv3の進化形が先ほどの写真右側の黒いタイプ。

ソースパワー(31320円)

ソーダストリーム ソース パワー スターターキット (ブラック)

ソーダストリーム ソース パワー スターターキット (ブラック)

 

 

ソースv3のように炭酸量を設定できるのですが、こちらは電動式

ここまでの製品が「電源不要で持ち運びできる」「外でも使える」が売りであったのに対して、こちらのソースパワーは電源を使用するため使用できる場所が特定されます。

 

ですが電動になったおかげでソースv3でボタンを長押しして設定していた炭酸量(量が多いほど長く押さないといけないので、まあ面倒と言えば面倒)が、このソースパワーだとスイッチ1つで炭酸量の調節が可能

 

この点は大きいのではないでしょうか。

(でも3万円代はかなりお高めになりますね…)

 

 

ガスシリンダーの交換について

 

ガスシリンダーはそのまま破棄する事は出来ませんので基本的には使用したガスシリンダーと新しいものとの交換になります。

 

f:id:misumisu0722:20180302050411j:plain

 

気になるガスシリンダーの交換方法ですが、ドリンクメイトもソーダストリームもオンラインショップでの交換が可能。

 

 

ドリンクメイトのガスシリンダー交換

・5000円以上なら送料無料

・配達時に配達員さんに空のガスシリンダーを回収してもらいます。

・交換は公式サイトから(他サイトでの取り扱いはかなり少ないです)

・電気屋やデパートなど取り扱い店舗での交換も可能。

 

ソーダストリームのガスシリンダー交換

・5000円以上なら送料無料

・配達時に配達員さんに空のガスシリンダーを回収してもらいます。

・支払いは代引きのみ。代引き手数料がかかります。

・楽天やYahoo!内に公式ショップがあるのでそこでポイントを貯める事が可能。

・取り扱い店舗が多い。

 

 

交換の違い

どちらもネットで交換を頼め、その場で回収してもらえるのでそこまで手間はかからないのかもしれません。

送料無料の5000円にするにはガスシリンダーが3本必要との計算になります。

 

ソーダストリームとの違いは、ソーダストリームは必ず代引き手数料がかかるというところ。

ですが楽天やYahoo!でポイントを貯める事ができるのでその点が魅力かもしれません。

 

現在(2018年3月)ソーダストリームの方が圧倒的に取り扱い店舗が多いので 選択肢は多く利用しやすいのは今のところソーダストリーム。

 

ドリンクメイトは2016年発売の製品ですのでまだまだこれからなのかもしれません。

今後取り扱い店舗が増えてくれる事を期待!

 

(ネットで検索すると必ず出てくるソーダストリームの不買運動も気になる点ではあります)

 

 

最後に

 

このようにどれも色々と違いがあり良い点、いまひとつな点などありますのでどれがいいかは好みの問題かと思います。

 

使う方の味の好みや使用場所、洗浄したいかどうか、使いやすさなどで選んで頂くと良いのではないでしょうか。

 

 

こちらの松坂屋名古屋店さんの「クックアシストルーム」では今回の「ドリンクメイト」だけでなく「ソーダストリーム」も試す事ができます。

今度はソーダストリームの日に伺って違いをじっくり検証してみますね!

 

場所はこちら

松坂屋名古屋店本館6階キッチンネットプラス

LIVING FLOOR kitchen|松坂屋名古屋店

 

 

 

 

レターポットでお手紙頂けると嬉しいです!

letterpot.otogimachi.jp

楽天ROOMでお気に入り品をご紹介しています

room.rakuten.co.jp

 

 


スポンサードリンク


Hatena Instagram Youtube