別館ほっこりおうちごはん

糖質制限寄り食生活やレシピの開発をしてます。ゆる断糖生活の、のんびり外食日記や日々の事。

Hatena Instagram Youtube


☆★☆レターポットは【 こちら】お手紙頂けると嬉しいです★☆☆

スポンサードリンク



BRUNOとレコルト「コンパクトホットプレートの違い」




スポンサードリンク



見た目のオシャレさとコンパクトなサイズで収納のしやすさが人気のコンパクトホットプレート。

 

f:id:misumisu0722:20181010082658p:plain

 

今回は見た目も似ているBRUNO製品とレコルト製品、2つのコンパクトホットプレートの違いについてまとめます。

 

 

 

 

 

コンパクトホットプレートとは

 

従来のホットプレートより小さめの2〜3人用ホットプレートのこと。

ホーロー鍋のような見た目なのでテーブルにそのまま出しても、キッチンに置いても気分が上がります。

 

プレートを変えるとたこ焼きやパンケーキ、鍋料理なども可能。

 

f:id:misumisu0722:20181002134424j:plain



 

 

BRUNOコンパクトホットプレートとは

 

BRUNOコンパクトホットプレートの特徴は、まずはこの見た目の華やかさ。

 

鮮やかな色味でツヤっとした仕上がりの表面。

 

f:id:misumisu0722:20181009094124j:plain

 

限定色も定期的に出ておりネットで探すと在庫の残っている範囲内で色々なタイプから選べます。

限定の柄付きなども出ておりとても可愛らしいです。

f:id:misumisu0722:20181010082919j:plain

 

定番はレッド、ホワイト、ネイビー、ペールピンクの4色

 

f:id:misumisu0722:20181010081344j:plain

 

別売りでガラス蓋もあり調理中に中を確認できますし、蓋ノブを変えるとよりお洒落な印象に。

 

f:id:misumisu0722:20181010083855j:plain

 

本体サイズもグランデ(大きいサイズ)があり大人数なら断然こちらです。

 

f:id:misumisu0722:20181009094120j:plain

 

グランデサイズなら2色鍋も可能なので外食気分が味わえます。

 

f:id:misumisu0722:20181010081340j:plain

 

たこ焼きプレートが標準装備されているのも特徴で、たこ焼き機をメインで使いたい方に特におススメ。

 

f:id:misumisu0722:20181003162205j:plain

 

お手入れ簡単、プレートを洗うだけ!

(本体は洗えません)

 

サイズW:37.5cm×H14cm×D23.5cm

消費電力:1200w(65度〜250度)

レシピブック別売り(900円)

木べら付き(プレートの取り外しがラクです)

 

 

レコルトHOME BBQとは

 

マットな仕上がりで落ち着いた色味のレコルトのホットプレート。

 

BRUNOに比べると横幅、高さともに若干大きめで重量もこちらの方が少し重いです。

 

f:id:misumisu0722:20181002133611j:plain

 

ツヤっとしたBRUNO製品と並べて置くとちょっと見劣りしてしまうかもしれませんが、レコルトらしい可愛い色味です。

 

f:id:misumisu0722:20181003162201j:plain

 

定番色はレッドとネイビー

2018年10月現在限定色がオイスターホワイトとシェルグリーンの2色出ています。

 

f:id:misumisu0722:20181010085121j:plain

レコルトホームバーベキューの最大の特徴は付属品の穴あきBBQプレート

 

f:id:misumisu0722:20181002133604j:plain

 

これによってお肉の脂を落としながらのソテーが可能。

 

また、電源部分が取り外しできるので本体も丸洗い可能。細部までしっかり綺麗にしたい方にオススメです。

 

f:id:misumisu0722:20181002134426j:plain

 

お洒落なレシピ集も、本体、別売りプレートともに付いてきます。

BRUNOはレシピ集は別売りなのでこの点も嬉しいポイントです。

 

f:id:misumisu0722:20181002134853j:plain

 

プレートそれぞれにレシピ集が付いている点も嬉しい。

 

f:id:misumisu0722:20181002133602j:plain


 

サイズ:W42cm×H16.5cm×D17.5cm

消費電力:1200w(110度〜250度)

本体重量:2.95kg

レシピブック付属

 

 

それぞれのプレート別使い方

 

BRUNO、レコルトどちらも付属品&別売りでプレートは5種類あります。

 

フラットプレート

 

ホットプレートといえばこれですね。

焼きそば、お好み焼き、大判ピザ、イングリッシュマフィンなど。

ナン生地も一度に2枚焼けるのでフライパンで1枚ずつ焼くより手軽です。

 

f:id:misumisu0722:20181007073545j:plain

 

平プレートはレコルト、BRUNOどちらも付属で付いてきます。

 

 

たこ焼きプレート

 

たこ焼きは勿論アヒージョやベビーカステラ、肉巻き、ミートボール、かき揚げ、がんもどきやさつま揚げ、焼売などコロンとした揚げ物、焼き物料理に幅広く使えます。

 

f:id:misumisu0722:20181007094633j:plain

 

BRUNOならたこ焼きプレートは本体付属品です。

 

こちらもどうぞ↓

たこ焼き機レシピまとめ

www.misublog.com

 

レコルトは4.5cm直径で大玉で作れます(その代わり1度に焼けるのは15個です)

BRUNOは(サイズ発表なし)少しだけ小ぶりになりますが一度に24個焼けます。

 

 

パンケーキプレート

 

f:id:misumisu0722:20181002134849j:plain

 

レコルト、BRUNOどちらも別売りプレート。

円形に焼く事ができるパンケーキのプレートです。

 

 

焼き菓子は勿論、

 

かき揚げ

おやき

どらやき

焼きおにぎり

アヒージョやチーズフォンデュ

 

なども可能。

 

ジャガイモや牛蒡などを刻んで片栗粉をまぶし、野菜ガレットも焼けます。(プレスするものが必要)

 

f:id:misumisu0722:20181010093232j:plain

牛蒡ガレットのレシピはこちら↓

www.misublog.com

 

 

底と側面から焼けるので周りカリッと中ふんわりに仕上がります。

 (我が家ではフライパンタイプを使用)

f:id:misumisu0722:20180921074342j:plain

ご飯に卵とお野菜を混ぜて焼く「焼きオムライス」↓

www.misublog.com

 

BRUNOだとレコルトに比べパンケーキのサイズが大きいのでチーズフォンデュやアヒージョなどに使う場合はBRUNOの方がより使いやすいです。

 

 

パンケーキプレートサイズ比較 

 

BRUNO:直径9.5cm、プレート高さ3.2cm

レコルト:直径7cm×深さ2cm

 

 

深鍋プレート

 

鍋料理をするためのプレートです。

 

f:id:misumisu0722:20181002133600j:plain

 

レコルトだと蒸しプレートが付いているので蒸し料理も可能

 

鍋よりも大きいサイズなので肉まんや焼売など、一度に沢山蒸す事ができます。

 

f:id:misumisu0722:20181007073539j:plain

 

BRUNOは蒸しプレート無しなので蒸し料理には使えません

 

その代わり鍋に持ち手が付いているので持ちやすくなります。

レコルトだと持ち手がないので中に熱い液体が入っていると持ち運びしづらいです。

 

食卓で湯豆腐やしゃぶしゃぶなど、熱い液体たっぷりのメニューを行なった場合に動かしにくいので持ち手はあった方が無難。

 

 

BRUNOとレコルトの違い5つ

 

火力は同じ、見た目も似ている

大変よく似たこの2つの製品、実は細かな違いがいくつかあります。

 

 

1.サイズの違い

 

そっくりに見える見た目ですが、レコルトの方が若干横幅が長く、高さも高いです。

 

BRUNO:W37.5×H14×D23.5

レコルト:W42×H16.5×D17.5

 

(BRUNOグランデ:W48×H15.2×D28)

 よりコンパクトさを求めるならBRUNOです。

 

 

2.セット内容の違い

 

本体にセットされる標準プレートはBRUNOたこ焼きプレートと平プレート

レコルト平プレートとBBQプレートになります。

 

たこ焼き機メインで使うならBRUNO一択。

ですがたこ焼き穴のサイズはレコルトの方が大きく、他のお料理に使いやすいです。

 

3.プレートの違い

 

・レコルトはたこ焼きの穴が大きい(15穴)、BRUNOは少し小ぶり(24穴)

他のお料理に使うことを考えると大玉のレコルトの方が使いやすいです。

 

・レコルトは深鍋に蒸しプレートが付いている、BRUNOは蒸し料理はできないけど鍋に持ち手が付いている

これ結構重要で、レコルトだと湯など熱い液体の入った状態は持ちにくくなります。

でも鍋より大きいサイズで蒸し料理ができるのでレコルトの蒸しプレートはとても有難いんですよね。

 

・BRUNOはパンケーキプレートのサイズが少し大きい

深さがあるのでチーズフォンデュやアヒージョに向きます。

 

・レコルトは穴あきのBBQプレートがある

穴から下に脂が落ちるので健康志向の方に向きます。

BRUNOは凹凸のあるグリルプレートです。

 

 

 

4.使い方の違い

 

BRUNOプレートをのせて加熱するだけ

レコルトは下の受け皿に必ず水を入れないといけません

(なのでまだ熱いうちに本体を動かす時などちょっと大変)

 

f:id:misumisu0722:20181002133609j:plain

 

レコルトは洗い物も増えますしこの辺りが少し面倒かと思います。

 

 

5.本体丸洗いできるかどうか

 

レコルトの最大の特徴が「本体丸洗い

電源部分を取り外して本体、受け皿、プレート、全てが洗えます。

BRUNOはプレートのみ洗う事ができます。

 

f:id:misumisu0722:20181002134426j:plain

 

ですが見て頂くと分かる通り、全て洗えるので洗い物がかなり増えます

プレートを2種使ったりするともう大変…。

 

f:id:misumisu0722:20181002134428j:plain

 

スッキリ洗えて綺麗になるのは嬉しいポイントですが、片付けしやすさを考えるとBRUNOの方が良いように思います。

 

 

6.その他アクセサリー類

 

BRUNOの最大の特徴。

レコルトにはありませんがBRUNOには別売りで蓋ノブやガラス蓋などがあります。

ガラス製だと中の状態が見えるのでお料理しやすい!

 

ノブを取り替えカスタマイズするとより愛着が湧きます。

アニマルノブは2018年10月現在5種類

 

また、冒頭でもお伝えしたようにホットプレート自体にグランデサイズがあるのでコンパクトホットプレートでは足りない!という方には大きいサイズがお勧め。

 

 

 

最後に地味な違いとしてレコルトには蓋スタンドが付属で付いていますがBRUNOは別売り(1200円)で蓋を立てかけられるノブに変えられます。

 

 

 

以上を踏まえた選び方

 

ここまで見てきたように、BRUNOとレコルトのホットプレートには見た目はほぼ同じように見えますが細かな点でいくつか違いがあります。

 

選ぶ時のポイント

 

  • 見た目の好みの違い(ツヤツヤorマット)
  • の好みの違い(レコルトは少し丸みがあります)
  • 丸洗いしたいならレコルト
  • お手入れ簡単ならBRUNO
  • たこ焼きプレートが標準セットならBRUNO
  • 深鍋で蒸し料理をしたいならレコルト
  • たこ焼き機でいろんなお料理をしたいなら大玉のレコルト
  • 穴あきBBQプレートがよければレコルト
  • ガラス蓋や蓋ノブなどアクセサリー充実ならBRUNO

 

火力や使い方はほぼ同じなので、あとはご自身の好みや用途によって選んで頂けると良いかなと思います。

 

 

 

 

f:id:misumisu0722:20180531134733j:plain

 

 

 

レターポットでお手紙頂けると嬉しいです!

letterpot.otogimachi.jp

楽天ROOMでお気に入り品をご紹介しています

room.rakuten.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


Hatena Instagram Youtube