別館ほっこりおうちごはん

糖質制限寄り食生活やレシピの開発をしてます。ゆる断糖生活の、のんびり外食日記や日々の事。



Hatena Instagram Youtube



スポンサードリンク



ZWILLING社工場見学!一般人が初めて入る刃物工場はとにかく凄った






スポンサードリンク



2017年9月8日、岐阜県関市にあるZWILLING社さんの刃物工場見学会に参加させて頂きました。 

 

f:id:misumisu0722:20170916113635j:plain

 

 

 

 

一般人が入るのは初めてという異例のこのツアー。

貴重な今回の会に参加させて頂いたのは有名インスタグラマーの皆さんと、その中にラッキーにも混ざらせて頂いたわたしの計4名です。

 

 

 

 

 

関市といえば刃物!

 

刃物で有名な関市には良い包丁が沢山揃っています。 

 

わたしも一度「刃物会館」へ包丁を買いに伺った事がありますがこの時に購入した包丁をとても気に入っており、今でも大切に使っています。

 

良い包丁はお料理も楽しくなりますし美しく切れるので作業もラクになりますね。

 

 

 

 

余談ですが関市は鰻でも有名です。

この日工場の前に連れて行って頂いた鰻屋さんもとても美味しいところでした。

 

鰻屋さんのレポートはこちら↓

www.misumisu0722blog.com

 

 

 

 

 

ZWILLING社さんに到着

 

名古屋から車で1時間ほど。

ちょとしたお出かけにピッタリな距離です。

 

 

田んぼや畑の多いのどかな田舎風景を走って行くと、周りとは少し異質な輝きを放つ建物がどかーんと現れます。

 

f:id:misumisu0722:20170916110804j:plain


 

 

 ZWILLINGさんに到着しました!

 

 

入るとすぐに高級な応接セットが出迎えてくれます。

 

f:id:misumisu0722:20170916110715j:plain

 

 

 

 

 

社内はオシャレでピカピカ!

お手洗いまでも美しいです。

 

目を惹き存在感のある美しい刃物を作る会社はやはり建物も美しいですね。

 

 

 

 

 

 

ZWILLING社さんの刃物は他とは違う

 

 話術に長けた明るい工場長さんのお話をスライドを拝見しながら伺います。

 

 

 

日本製は切れ味も良い

 

ZWILLINGさんと言えばドイツの会社なので、大方をドイツで作られているのではないの?と思っていたのですが

ほぼ日本のこの関市で作られていると知り驚きました。

 

こちらの工場で作られた包丁はドイツのものより切れ味も良く質がかなり高いものとのこと。

 

f:id:misumisu0722:20170916110659j:plain

 

 

皆さん誇りを持ってお仕事されていました。

 

 

 

 

特徴的なハンドルの形状

 

また関工場の特徴としてハンドルの形があります。

 

ドイツ製品はハンドルが全てまっすぐ(画像左側)

日本のものは「手に馴染みが良いように」全てカーブされて作られています(画像右)

 

f:id:misumisu0722:20170916110703j:plain

 

ZWILLINGさんの包丁というと独特のあのうねったハンドルが特徴的ですよね。

かっこいいからという理由だけかと思ってましたが握りやすさもあったとは。

 

しかもこのカーブ、型があるわけではなく職人さんが手で覚えて全てを同じように削ってらっしゃるのだというから更に驚きです。

 

 

 

 

疲れにくさにも拘ってらっしゃいます

 

キッチン作業がしんどくなってはお料理自体がしづらくなります。

ZWILLINGさんの包丁は全て真ん中でバランスが取れるよう作られているんです!

 

f:id:misumisu0722:20170916110711j:plain

 

これ素晴らしい事ですよね。 

 

 

 

 

この他にも

・ハンドルの中に空洞がなく、錆びにくい 

・刃先の硬度を維持した研ぎ方で切れ味の持続性が高い

・殆どの行程を自社で行なっておられ品質も安定している

 

などの興味深いお話を沢山伺いいよいよ工場見学へ。

 

 

 

 

 

 ほぼ全て手作業!ZWILLINGさんの工場へ

 

 

 包丁は機械 で作られるんだろうと思っていたわたしにとって衝撃でした。

 

工場の中はそれぞれの作業ブースに細かく分かれ、職人さん達が真剣に働いてらっしゃいます。

 

 

 

包丁の作られる行程を順を追って案内して頂きました。

 

f:id:misumisu0722:20170916110718j:plain

 

 

工場内はとても大きな音がしている為か皆さん耳栓をされています。

f:id:misumisu0722:20170916110722j:plain

 

 

 

こちらは100度の熱で焼き入れをしているところ

 

f:id:misumisu0722:20170916110726j:plain

 

 

その後急冷。

更にこの後再加熱して刃の強度を上げていきます。

 

f:id:misumisu0722:20170916110730j:plain

 

 

ハンドルを取り付ける作業も手作業でした。

1つ1つ組み立て金槌で留めていきます。

 

f:id:misumisu0722:20170916110736j:plain

 

 

こちらはボブクレーマーのハンドル付け作業。

 

普通の包丁とは違いかなり手間がかかっていました。

 

f:id:misumisu0722:20170916110740j:plain

 

 

ハンドルを磨く作業も拝見させて頂きました。

左が加工前。

右が加工後。

 

美しくなってます。

 

f:id:misumisu0722:20170916110744j:plain

 

そんな作業をされる職人さん達。

ZWILLINGさんは女性の職人さんが多い事も特徴の一つだと思いました。

 

f:id:misumisu0722:20170916110747j:plain

 

 

わたしの「包丁工場」のイメージはこういった刃を研いでいるシーンのみだったのですがそれ以外の色々な行程をほぼ手作業でやられてました。

 

f:id:misumisu0722:20170916110751j:plain

 

 

 

 

 

包丁の試し切りもさせて頂きました

 

楽しく興味深い工場見学が終わった後は社内の美しいキッチンへ。

休憩室にも使ってらっしゃるそうでこちらも広くて綺麗なお部屋でした。

 

こちらでボブクレーマーと雅を使ってのカットをさせて頂きました。

 

写真に写っている「雅」も吸い付くような切れ味でとてもよく切れる包丁でしたよ。

 

f:id:misumisu0722:20170916110800j:plain

 


 

 

 

 

 

ボブクレーマーでのトマトの薄切り

 

 

世界最高峰と言われるナイフ職人「ボブ・クレーマー」の包丁はなかなか手に入らない希少品。

 

そんなボブクレーマーを使っての薄切りを拝見させて頂きました。

 

www.youtube.com

 

 

「片方の手でトマトを押さえずに」

「包丁を水平に動かして」

 

何枚もスライスしていきます。

 

 

 

見ると欲しくなりますよね…!!!

 

 

 

ボブクレーマーの受注販売

 

ちなみにこちらのボブクレーマー、なかなか手に入りにくいのですが

2017年9/15〜9/28までオンラインショップや百貨店等で受注販売をされてらっしゃるそうです。

 

 

詳しくはZWILLINGさんの公式サイトへ

Bob Kramer Euro Carbon | ツヴィリング J.A. ヘンケルス 公式オンラインショップ

 

 

 

 

工場見学の模様はこちらでもご紹介頂いてます。

media.zwilling.jp

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

こんな感じで

「包丁欲しい!」「包丁買わなきゃ!!」

 

と、すっかりZWILLINGさんの虜になった楽しい1日を過ごさせて頂きました。

 

帰ってからもいつ買おうかばかり考えてます。

 

 

 

わたしはアボカドローズ(アボカドの薄切り)の投稿をよくしますので

「薄切りがうまくできない」

というお声をよく頂きます。

 

 

そんな方は(切り方も多少はあるにせよ)包丁を良いものに変えると案外すっとうまくいくかもしれません。

 

 

 

 

 

Hatena Instagram Youtube