別館ほっこりおうちごはん

糖質制限寄り食生活やレシピの開発をしてます。ゆる断糖生活の、のんびり外食日記や日々の事。

Hatena Instagram Youtube


☆★☆レターポットは【 こちら】お手紙頂けると嬉しいです★☆☆

スポンサードリンク



自宅でLEGOプログラミング【レゴスパイクプライム】Z会プログラミング標準編レポ[第4回]




スポンサードリンク



おうちで学べる自宅ロボットプログラミング

 

子どもも大人も夢中になる、世界中で人気のLEGOブロック

そのLEGO社開発のSTEAM教材ロボットプログラミング「LEGOスパイク」シリーズは、自宅で手軽に学べるプログラミング教材として大変人気です

 

今回は、小学校中高学年向けのロボットプログラミング「LEGO SPIKE プライム」のZ会教材コース「Z会プログラミング講座with LEGO Education標準編」第4回講座体験レポをお伝えします。

 

 

前回(第3回)のレポはこちら

www.misumisu0722blog.com

 

 

 

Z会プログラミングwith LEGOは基礎編と標準編があります。

 

基礎編のレポはこちら

 

*我が家で使用していたのは旧製品(LEGO WeDo2.0)です。現在は生産中止になり、WeDo2.0はLEGO spikeベーシックに切り替わっています。使用するブロックは変わりましたが、Z会の基礎講座で学べる内容は同じです

www.misumisu0722blog.com

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ
  • 教育版レゴ、レゴプログラミングとは?
  • 教育版レゴの購入はどこで行えばいいの?
  • Z会レゴとアフレルレゴの違いとは?

といったことはこちらにまとめています

www.misumisu0722blog.com

 

LEGOスパイクプライムとは?については

こちらにまとめています

www.misumisu0722blog.com

 

Z会とアフレルの違い

 

LEGOプログラミング教材はZ会のみならず、アフレルでも購入できます。

アフレルでLEGO Spikeプライムを検討されてる方はこちら

www.misumisu0722blog.com

 

我が家も当初はアフレルで購入、プレフルラボを受講しました。

それはなぜかというと、Z会に比べアフレルの方が

値段が安くてオリジナル組み立てモデルが多いからです。

 

 

ですがアフレルの方が組み立て工程が長く、ロボット作成に時間がかかります。

受講してみたところうちの子(10歳)には難しかったようです。

こちらがアフレル プレフルラボのロボット

f:id:misumisu0722:20220318103429j:plain

アフレルの講座レポも書いてます

www.misumisu0722blog.com

 

 

 

 

 

 

 

さて、第4回の講座内容に入る前に「Z会プログラミング講座について」ざざっとご説明します。

 

不要な方は飛ばしてくださいね。

(目次から任意の項目にジャンプできます)

 

 

Z会のプログラミング講座

 

Z会のプログラミング講座は5種類あります(2022年3月現在)

 

*資料請求で「プログラミングのことがわかるドリル」がもらえますよ。

(うちの子これ結構楽しみました!)

Z会プログラミングシリーズの資料請求はこちら

 

f:id:misumisu0722:20220318110013j:plain

 

我が家が受講しているのは「with LEGO Education (標準編)」です。

 

  • みらい with ソニー・グローバルエデュケーション(小1〜3)
  • with LEGO Education SPIKEベーシック編(小2〜5)/標準編(小3〜6)
  • with Scratch(小1〜小6)
  • はじめてみる講座(年長〜)
  • 中学技術活用力講座(高学年〜中3)

 

このうち上2つがロボットプログラミング講座。

 

 

それぞれの内容

 

みらい講座はソニーのロボットプログラミングを使用した講座です。

資料請求はこちら

 

LEGO Educationはベーシック編(小2〜5年)と標準編(小3〜小6)があり、対象年齢によって分かれます

資料請求はこちら

 

with Scratch、はじめてみる講座、中学技術活用力講座

この3つはタブレットなどを用いて行うプログラミング講座です。

(ロボットは付属しないため安価なコースです)

  

f:id:misumisu0722:20201201193133j:plain

 

中でも「はじめてみる講座」は幼稚園のお子さんにも楽しめるわかりやすく可愛らしい作りのプログラミング講座です。

3ヶ月で終了する点も魅力!

 

f:id:misumisu0722:20220318104836j:plain

 

 

 

 

 

では、ここからはZ会プログラミングwith LEGO Education標準編第4回レポをお届けします。

 

f:id:misumisu0722:20220202185618j:plain

 

ちなみにロボット本体のみで購入したい場合はAmazon、楽天などでも購入可能です。

(この場合教材はつきません)

 

 

「教材付きLEGOスパイクプライム」はZ会を含む通学や通信で学ぶ各種プログラミング講座などで購入できます。

 

 

 

 

第4回目の講座内容

 

テキストは毎月2冊届きます

  • ワークブック(子ども用テキスト) Vol.4
  • 保護者用ガイド Vol.4

 各1冊ずつ。

どちらもごく薄いのでテキスト嫌いなお子さんでも比較的とっつきやすい内容ですよ。

 

 

 

レゴは1回目のみに届き、残りの11回は同じレゴを使用して学習します

 

第1回〜6回はhealth&fitness、第7回〜12回はsounds&entertainmentがテーマになっています。


 

所要時間

 

  • 標準学習時間1回90〜150分×2回

 

 

第4回の内容は「走るブリッキー」と「ハートビート先生」を作ります。

 

身につく力

  • プログラミング内容: 条件分岐/イベント/演算
  • 算数概念:図形/数と計算/量と計算
  • 理科概念:エネルギー/生物

 

 

走るブリッキー

 

回転運動を上下運動に変換する仕組み「クランク機構」を使って走っているように見える動きを作ります。

そしてストップウォッチ機能を使い、動作時間を測定します

 

 

 

走るブリッキーの学習内容
  1. ランニングブリッキーを組み立てよう
  2. ブリッキーはなぜ走れる?
  3. ブリッキーと走ろう
  4. さいごのミッション

 

 

ランニングブリッキーを組み立てよう

 

今回も、前回同様テキストに組み立て図が掲載されています。

テキストを見ながら組み立てます

 

 

細かいパーツが多いので紛失や破損に注意してください

黒いパーツと水色の枠が特に破損しやすいようです(テキストに注意記載あり)

 

 

ブリッキーはなぜ走れる?

 

モーターの回転する動きを上下運動に変える仕組み(クランク機構)を利用します

どのパーツがどう動くか、を確認しながら進めます

 

 

 

 

また、ハブのタイマー機能を使う方法を学びます

 

 

 

ブリッキーと走ろう

 

距離センサーを繋ぎ、センサーの計測値をプログラムの開始条件に用いる方法を学びます

 

 

また、音を出したり腕の形を変えたりなど、「走っているように見せる」工夫を自分なりに考えます

 

 

さいごのミッション

 

今期の内容を踏まえ、テキストの問題について考えます。

終了後は受講者専用サイトからchallenge!に挑戦します。

 

 

 

ハートビート先生

 

 

運動後に体調が悪くなったブリッキーが病院で検査を受けます

車輪によって自走するモデル「ハートビート先生」を組み立て、全身、後退、方向転換の動きを学びます

 

 

 

 

ハートビート先生の学習内容
  1. ハートビート先生を組み立てよう
  2. ハートビート先生よろしくお願いします
  3. ブリッキー検査をうける
  4. さいごのミッション

 

 

 

ハートビート先生を組み立てよう

 

テキストの組み立て図を見ながら組み立てます

ハートビート先生、ブリッキー、診察台の3つのモデルを組み立てます

 

ハートビート先生の脚部分↓

 

 

ハートビート先生よろしくお願いします

 

車輪を回転させ、ハートビート先生を前進させます

車輪の回転と、車輪が進む距離の関係を学びます

 

進む距離を測り、ハートビート先生を置く場所とモーターの回転数を決めます

 

 

 

 

ブリッキー、検査を受ける

 

後退と方向転換の方法を学び、ハートビート先生の一連の動きをプログラムします

 

 

診察台に近づき、ブリッキーを抱えて移動。

検査をして再び診察台へブリッキーを戻します

 

 

 

この戻すのが結構難しく、何度も落としたりぶつかったりしました

 

 

さいごのミッション

 

今回のテーマの振り返り、左右の車輪の動きが異なる場合の動きを考察します

 

 

それぞれ解答や学習の狙いは保護者用テキストに記載されています。

 

 

確認問題

 

受講生専用webサイトから問題に取り組みます。

余力があったら動画投稿も行います。

 

今月の投稿テーマ
  • ミッションA:限界チャレンジ!壁ギリギリで止まろう
  • ミッションB:「梅雨」を表現してみよう
  • ミッションC:学んだことを説明しよう

以上の3テーマから選び、動画投稿をします

 

 

まとめ

 

Z会プログラミングwith LEGO Educstion 標準編 第4回講座は以上です!

標準編も4回目になり1講座の所要時間も長くなってきました。

ハートビート先生の動きはアフレルのプレフルラボ1回目の講座ににており、2度目なこともあってスムーズに作成することができました

 

プレフルラボに比べこのZ会の方がよりわかりやすく動きもしっかり学べたように思います(講座内容も倍くらいの量がありました)

 

ハートビート先生に似た動きをするアフレルの講座レポはこちら

www.misumisu0722blog.com

 

 

LEGO Spikeには基礎編(ベーシック)もあります

旧基礎編wedo2.0のZ会レポ(全12回)はこちら

www.misumisu0722blog.com

 

 

では、また次回のレポでお会いしましょう。

 

 

 

f:id:misumisu0722:20180531134733j:plain


スポンサードリンク


Hatena Instagram Youtube